Day: 令和3年9月9日

小早川秀秋出立について

令和3年9月30日

ご挨拶

秋の気配が近づきつつある今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

なかなか思うようにいかぬ時勢、皆様に直接ご挨拶すること無くゆかねばならぬ私をどうかお許しください。
振り返れば既に初陣から3年、長いとは言わぬ、あっという間の3年であったように思います。
ここでは到底語り尽くせぬ程の想いがよみがえって参ります。

その全てが私にとってかけがえのない大切な想い出となっております。
同時に、私が少しでも皆様に岡山の素晴らしさを、小早川秀秋という一人の人間の魅力を伝えられていたのなら、ほんの一欠片のお手伝いが出来ていたのなら、これ幸いに存じます。

皆さんの笑顔、決して忘れませぬ
この岡山の縁にあらためて感謝を。

私は還ろうとも、岡山戦国武将隊はまだまだこの日ノ本の皆様に岡山の魅力を伝える活動を続けてまいります。
どうか、これからも温かいご声援をお願い申し上げます。

小早川秀秋