宇喜多忠家

Ukita Tadaie

宇喜多忠家(うきた ただいえ 1533年〜1609年?)は、宇喜多直家の異母兄弟で、秀家の叔父にあたる人物。直家の右腕として活躍し、陰に陽に宇喜多家の隆盛を支えた。
若い頃より数多くの合戦に参加した古強者でありながら、連歌会や茶の湯を嗜むなど風流人でもある。
後に豊臣秀吉の直臣に取り立てられるなど、豊臣家との縁も深い。

現代においても、ビールにハマってドイツまで行ったり、古今東西の歴史を知るために各地を訪れるなど往時の行動力そのままである。
好きな言葉は「常在戦場」

宇喜多忠家

ページトップへ