宇喜多秀家

Ukita Hideie

元亀3年(1572年)生まれ。
備前国・美作国(現在の岡山県)を治めていた宇喜多直家の嫡男。豊臣政権五大老の一人。岡山城城主。
岡山城の築城、城下町(現在の岡山市街地)の整備、岡山平野の干拓など現在の岡山の基礎を築いた。

 

幼くして家督を継ぎ、豊臣秀吉に気に入られ、前田利家の娘、豪姫を正室に迎える。
その後数々の戦に加わり、秀吉の天下統一に貢献する。その功績が認められ備前国・美作国を中心に約50万石を知行する大名となる。
しかし、1600年の関ヶ原の戦いに敗れ死罪は免れたが、八丈島へ配流となり没するまで半世紀あまりを島で過ごした。

 

豊臣政権の重役を担っていたものの、戦国武将の中では知名度はまだ低い。それを見かねた秀家は自らをPRすべく黄泉の国より甦り、再び天下に名を轟かせるため奔走している。

若干アドリブが苦手である。

(諸説在)

 

宇喜多秀家PR動画はこちら

直垂秀家武将隊オリジナル甲冑岡山城甲冑

宇喜多秀家

ページトップへ