人物紹介

岡山戦国武将隊 紹介


宇喜多 直家 「うきた なおいえ」

備前邑久郡出身。宇喜多家を再興し、現在の岡山県の礎を築いた。

幼き頃に祖父、宇喜多能家が討たれ、苦しい少年時代を過ごす。後に頭角を現し、領地を織田と毛利に挟まれ難しいかじ取りを迫られるが、「一殺多生」を胸に刻み見事に宇喜多家を再興し、天正元年(1573)岡山城の前身となる石山城に入城。現在の岡山城城下町の礎を築いた。

戸川 秀安(富川 秀安) 「とがわ ひでやす」

宇喜多直家が乙子城主であった頃から仕えていた、宇喜多家の有力家臣の一人。数々の武功を挙げ、のちに常山城主となり直家から国政も任せられるなど、宇喜多の発展に多大に貢献した。

隠居後は嫡男の達安に家督を譲り、友林と号した。

角南 友行 「すなみ ともゆき」

美作国大畑城主。宇喜多直家に仕えた家臣の一人。備中高松城攻めなど数々の戦に従軍し、宇喜多家の発展に貢献した。

直家の死後は秀家に仕え、本丸御番衆を務めたほか岡山城の普請にも携わり築城に尽力するなど、普請奉行として活躍した。

豪姫 「ごうひめ」

加賀国前田利家の娘であり豊臣秀吉の養女。秀家の妻。

幼い頃から秀吉に寵愛され、やがて秀家の元に嫁ぎ「備前御方」と呼ばれた。病弱な体質であり、病にかかると「狐が取り憑いた」と秀吉が狐狩り令を出すほど溺愛されていた。

しかし、秀家が関ヶ原の合戦で敗退。一度は再会できたものの八丈島へ配流になると、それ以降再会は叶わなかった。

後に、実家の加賀(石川県)に戻ったが、1612年頃からの前田家による八丈島への物資の輸送の実現にも寄与した。晩年は八丈島の秀家を思いながら、実家の加賀で没した。

明石 掃部 「あかし かもん」

備前国大俣城城主。保木城主であった父、明石行雄が直家に仕えていたことから宇喜多や豊臣家に仕える。

宇喜多騒動後、離れた家臣団に代わり宇喜多家中を取り仕切った。関ヶ原の戦いでは秀家に従い出陣、貢献したが西軍が敗退。秀家を諫めるなど、秀家の撤退にも貢献した。

その後、大阪冬の陣・夏の陣に参陣。しかし、その後の消息は知られていない。


※史実などに基づいていますが、人物紹介については諸説あります。